川の駅, トヴェリ, トヴェリ地域, ロシア, 170000

崩壊後の出来事のタイムライン

駅舎の崩壊の事実に関する最初のコメントは、トヴェリ州政府の副議長Andrei Belotserkovskyによって与えられました, 誰が報告したか, 何 "…さらなる検査が行われます, その結果に基づいて、その運命, 残ったもの: それを再現したい場合, それがどのように行われるか, 回復は可能ですか, それとも、建物を完全に破壊し、近代的な素材から再構築することになるでしょう」.

トヴェリ地方の文化遺産の国家保護局の首長ミハイルスミルノフ, その順番で, 述べました, 現時点では優先事項は建物の修復のシナリオです, 取り壊さない, 注意しながら, 文化遺産の地位のために, 建物に割り当てられた, 再開発の対象ではありません, что отпугивает потенциальных инвесторов.

日ごとに 8 八月 2017 グラム. губернатор Тверской области Игорь Руденя поручил создать рабочую группу, которая должна оценить состояние здания, а также взять под контроль проведение первоочередных аварийно-ремонтных работ и научно-технической экспертизы. 15 八月 2017 グラム. в сообщении для прессы он заявил, что «Речной вокзал будет восстановлен с сохранением архитектурных форм», для чего к работам будут приглашены столичные эксперты, в числе которых был упомянут член Российской Академии художеств Сергей Оссовский. Относительно того, как в дальнейшем будет использоваться восстановленное здание, глава региона не сделал никаких комментариев по существу, и сообщил, что «этот вопрос будет обсуждаться со специалистами» — 注意しながら, что «здесь не будет никаких ночных клубов и торговых центров». Ориентировочной датой начала восстановительных работ губернатор назвал весну 2018-го года.

Галерист Марат Гельман, どの 2011 году пытался открыть в здании вокзала центр современного искусства, 9 八月 2017 グラム. в интервью «Открытой России» заявил, что убеждён в том, что в обрушении виноваты некомпетентные, 彼の意見では, 地方自治体, 積極的に投資家を探していなかった人, 建物の再建に資金を提供する用意がある. ゲルマンも示唆した, 役人の不作為はまた事実のためであるかもしれないこと, что «они хотели расчистить и построить там свой дворец или торговый центр».

11 八月 2017 グラム. トヴェリ地域の検察庁は、地方自治体による文化遺産サイトに関する法律への準拠の早期検証の完了を発表しました. その結果によると, 国の機関および機関の職員の活動において、その安全のための十分かつタイムリーな措置を確保するために割り当てられた義務の不適切な履行の事実が明らかにされた, ロシア連邦の人々の文化遺産のオブジェクトの保護の分野における地域および国家の監督の実施のための権限. 検察庁のウェブサイト上の投稿によると, 10 8月、明らかにされた法律違反の撤廃に関する提出がトヴェリ州政府の副議長Alexander Menshchikovに送られました.

23 八月 2017 グラム. 素材から, トベリグラードのウェブサイトで公開, 知られるようになりました, ほかに何か 31 三月 2017 8人の特別委員会による年, これには、トヴェリ州の国家機関「Tveroblstroyzakazchik」と科学的修復センター「Tverproektrestavratsiya」の代表が含まれます, 駅舎の目視による技術検査の行為が作成されました. とりわけ, 述べられた文書, 建物の多くの部分が「非常に荒廃」している, 「中央ロタンダの南部のファサードを含む, stylobateアーケードデザイン, 半アーチ, ウォークスルーを制限する, ガゼボの装飾的な要素, 建物の翼の2階以上のフロア」 — つまり、まさに構造, それは夜に落ちました 7 オン 8 八月.

しかも, 同じ出版物で、この法律のいくつかのページのコピーの断片が提示されました, 含む, 緊急時の緊急措置を実施するための推定値 (~7.5 млн рублей), разработку научно-проектной документации на проведение реставрации (~15 млн рублей), и само проведение ремонто-реставрационных работ (~150 млн рублей). В настоящий момент проведение ремонтно-реставрационных работ, согласно заявлению начальника Главного управления по государственной охране объектов культурного наследия Тверской области Михаила Смирнова, оценивается в 500-600 百万ルーブル.

説明

Здание речного вокзала построено в 1938 年 (архитекторы Е. そして. Гаврилова, P. P. Райский, инженер И. M. Тигранов) на месте разрушенного Отроч монастыря. 塔と尖塔のある3階建ての建物です, アーチとバルコニー付きの対称的な翼, スターリン主義の新古典主義のスタイルで建てられました. 同時受信用に設計 550 乗客. ザ・ 1969 — 1975 yy. 約の寝台 400 メートル.

川の駅は、遊覧船と遊覧船を受け入れます, 遠くを含む. 旅客路線は1980年代後半まで運営されていました, トヴェリとヴォルガ川の都市をルジェフからウグリチに接続, ルジェフへの交通は1990年代初頭までに止まった; 2000年代初頭までに、駅はスディミルキとモルキノへの郊外のモーター船のみを運行.

現在、桟橋は遊覧船や遊覧船で利用されています。, 通常のルートに関する情報はありません. また、数年間、川の駅の建物には軍事伝統博物館と恐怖博物館がありました. 本来の目的には使用されません。.

1月に 2009 エピファニーの入浴中の川の駅近くの年 70 人々は氷に落ちた.

トヴェルスコイ川駅, ヴォルガ川からの眺め

ソースのリスト

  • wiki.sc
Rate article
Add a comment