ウラジミールプラネタリウム

物語

プラネタリウムは4月にオープンしました 1962 年, 宇宙への最初の飛行の記念日まで. 直径8メートルのプレハブプラスチックドームがウラジミール化学工場で製造されました. В центре главного зала был установлен проекционный аппарат УП-4 — один из первых отечественных аппаратов «Планетарий». 運用の過程で、プラネタリウムは新しい機器で改造されました. ズームレンズを購入しました, オブジェクトのアプローチ/削除を提供する (惑星, спутники и т. d。). ドームのふもとに火星の風景が広がる円形のパノラマを設置, 月, 北極とジャングル. それはウラジミールのパノラマによって補完されました (худ В. そして. Шамаев) — металлические кованые копии домов и храмов исторического центра города.

最初の3つの人工地球衛星のモックアップがホワイエに配置されました, 地球と月の地球儀, シホーテアリン隕石の断片, 視覚教材. 70年代にはフーコーの振り子が追加されました。, 市内の工場で作られた部品. 90年代に, ロビーで, ロシア唯一のジオラマ「エネルギア・ブラン宇宙船の離陸」を設置.

ROCの主張と客観的に低いデモ能力のため (ほとんどの機器は60年代に設置されました。) で 2006 ウラジミールプラネタリウムのニーズに合わせて特別装備の建物を建設することが決定された年. 建設が始まった 2008 中央公園の東部にある解体されたパビリオンの1つがあった年 (元公園イム. 850-ウラジミールの記念日) そしてほぼ3年間続いた. 新しい建物は3月に委託されました 2011 年. 今日、オフィスやカフェはその横に拡張機能を備えています。. 1 八月 2012 セルゲイ・サハロフ市長がドイツのカールツァイス社の代表と面会し、特別な光学機器と必要な機器の設置について話し合った. 計画中, что обустраивать планетарий будут усилиями двух бюджетов — городского и областного. プラネタリウムを新しい建物に移動する, 恐らく, で行われます 2013 年.

ソースのリスト

  • wiki.sc
Rate article
Add a comment